no-image

ウォーターサーバーの殺菌処理は大丈夫?!水の品質管理について

ウォーターサーバーを検討しているわが家ですが、少し気になる点がありました。

それは各社がミネラルウォーター(天然水)を強調していますが、ミネラル成分を除去せずにボトリングしているとしたら、品質管理は大丈夫なのか、ということでした。

早速、メーカーのホームページで確認です! 子どもや妊婦さんも口にする水ですから、雑菌や不純物が含まれていないかが一番知りたいところです。

ウォーターサーバーランキング!元販売員が徹底比較こちらのサイトも参考になります。

殺菌処理方法

には幾つかの方法があります。

一つ目は、不純物をすべて除去する超特殊フィルターである逆浸透膜(RO膜)を用いた処理方法です。

完全に安全な水と言えますが、炭酸やミネラル分までも除去してしまうので天然水の味わいは失われてしまいます。 アルピナやクリクラがこのタイプです。

二つ目はろ過した後、原水を30分以上、85℃で高熱処理する方法です。

この処理方法は有効ですが、水に含まれる酸素や炭酸ガスが失われ、ミネラルが破壊されてしまうのがデメリットといえます。 日本で市販される天然水のほとんどがこのタイプです。

三つ目はろ過+非加熱処理という処理方法です。

非加熱処理はミネラルウォーターの成分を壊すことがなく、味わいもいいのですが、農林水産省や厚生労働省の厳密な審査を通らないと認可されないため、採用しているメーカーはフレシャスやクリティア、富士の湧水、プレミアムウォーターなど限られています。

また、最近はサントリー天然水やコスモウォーターのように、専門の検査機関に委託し放射性物質(ヨウ素、セシウム)を検査し、ホームページで公開しているメーカーも多くなっています。

わが家でももっと品質管理に関心をもって、ウォーターサーバーを選びたいと考えています。

ウォーターサーバーの水の質は信頼できるのか

昨今では本当に数多くのウォーターサーバーのコマーシャルが放映されていますし、家電量販店に行けば試飲サービスもあるので何処に重点を置いて検討をすれば良いのかが分からなくなってしまいます。

確かに機械の大きさや機能も大切ですが、しかし肝となるのはやはり水の質です。

そんなの当たり前の様に美味しいのではないかと思いがちですが、たかが水でもそれぞれの採水地によって違いがあるのです。

ですので今回は皆さまの参考になる様に大手2社の水の違いについてのご説明をさせていただきたいと思います。

アクアクララのお水の特徴について

先ず始めに有名ウォーターサーバー企業であるアクアクララのお水についてですが、アクアクララのお水の多くは工場所在地の水道水を使用しております。

ですのでお客様の懸念点と致しますと『それでは水道水と変わらないのではないか?』と言う事があるかと思います。

でも実際には普通の水道水と比べると大きな違いがアクアクララにはあるのです。

それは何かと言いますとアクアクララのお水の製法と致しましてはRO膜と呼ばれるフィルターを通して出荷するお水を精製しているのです。

そしてこのRO膜を使うメリットと致しましてはこの膜によってお水の中の硬度な成分が取り除かれますので、水道水に比べて更に低いお水となります。

またこの処理の後にミネラル等をお水に加えると製品が完成するのですが、ポイントは水道水よりもRO膜を使う事で軟水になっていると言う事です。

コスモウォーターのお水の特徴について

次にご紹介するのはコスモウォーターのお水についてです。

コスモウォーターは2015年にモンドセレクション金賞を受賞した事のある上質な製品となります。

採水地は静岡県の御殿場市となりまして、この場所は古くから富士山の多くの噴火があった場所となり玄武岩層によって形成されておりますが、幾重にも重なった言わば天然のフィルターによって雨水が濾過されて長い年月をかけてバナジウムが溶け込んでいます。

この様に採水地に特徴があるコスモウォーターはアルカリ性に近い中性となっており、天然成分のバランスが良いお水となっているのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

これから毎日飲もうとしている水がどの様な成分であり特徴があるのかを知ることはとても大切な事になるのです。

たかが透明な水だと言っても上記二者を比べただけでもRO膜(フィルター膜)を使った製法であったり、採水地に特徴がある事で自然精製されているタイプなどがあるのです。

よって拘ればお水選びもかなりの選択肢があると言う事になるのです。