ウォーターサーバーの品質管理について

Home » 比較ポイント » ウォーターサーバーの品質管理について

ウォーターサーバーの品質管理について

比較ポイント

ウォーターサーバーを検討しているわが家ですが、少し気になる点がありました。
それは各社がミネラルウォーター(天然水)を強調していますが、ミネラル成分を除去せずにボトリングしているとしたら、品質管理は大丈夫なのか、ということでした。
早速、メーカーのホームページで確認です!
子どもや妊婦さんも口にする水ですから、雑菌や不純物が含まれていないかが一番知りたいところです。

殺菌処理には幾つかの方法があります。
一つ目は、不純物をすべて除去する超特殊フィルターである逆浸透膜(RO膜)を用いた処理方法です。
完全に安全な水と言えますが、炭酸やミネラル分までも除去してしまうので天然水の味わいは失われてしまいます。
アルピナやクリクラがこのタイプです。

二つ目はろ過した後、原水を30分以上、85℃で高熱処理する方法です。
この処理方法は有効ですが、水に含まれる酸素や炭酸ガスが失われ、ミネラルが破壊されてしまうのがデメリットといえます。
日本で市販される天然水のほとんどがこのタイプです。

三つ目はろ過+非加熱処理という処理方法です。
非加熱処理はミネラルウォーターの成分を壊すことがなく、味わいもいいのですが、農林水産省や厚生労働省の厳密な審査を通らないと認可されないため、採用しているメーカーはフレシャスやクリティア、富士の湧水、プレミアムウォーターなど限られています。
また、最近はサントリー天然水やコスモウォーターのように、専門の検査機関に委託し放射性物質(ヨウ素、セシウム)を検査し、ホームページで公開しているメーカーも多くなっています。
わが家でももっと品質管理に関心をもって、ウォーターサーバーを選びたいと考えています。