違約金が発生することも?

Home » 比較ポイント » 違約金が発生することも?

違約金が発生することも?

比較ポイント

家庭で手軽に安全でおいしい水が飲めると人気のウォーターサーバー。
わが家でも設置を検討していますが、クチコミで違約金のことを知りました。
「違約金って何なの?」って感じですが、調べてみるとサーバーレンタルの仕組みがわかってきました。
契約すると私たちが支払うのは、ウォーターサーバーレンタル料やメンテナンス料、ミネラルウォーター料金のほか、水の宅配料などです。
最近ではレンタル料やメンテナンス料、宅配料などを無料にしている業者も増えてきましたが、中には水の料金などに上乗せしているケースも見受けられますので要注意です。

ウォーターサーバーの契約をしたものの、使う頻度が少なかったり、違うメーカーのものに変更したくなったとき、契約を解除したいと業者に伝えると、サーバー本体の回収などの作業が発生してしまいます。
そこで業者の多くは解約時にはサーバー引き取り手数料を請求できるという項目を設けています。
ただし、解約の時期によって費用に差をつけているメーカーが多いようです。
最低契約期間は6ヶ月、1年〜2年という業者が多く、その期間内で解約すると違約金が発生します。
違約金は5000円台〜1万円という場合が多く見られます。

解約の違約金を支払えばそれで完了というわけではありません。
不要になったサーバーやボトルを宅配業者が回収に来ます。
中には送料自己負担で返却しなければならないメーカーもあります。
梱包して業者に依頼すると2000円ほどかかるようです。
その他、ウォーターサーバーの契約で意外に知られていないのが、水の購入にもノルマが定められていることです。
すなわち、月々の最低購入容量が24Lなどと決められていたりするので、ご自分の家族が飲み切れるかどうかなど、契約時にきちんと判断しておく必要があります。