ウォーターサーバーの設置方法について

Home » 比較ポイント » ウォーターサーバーの設置方法について

ウォーターサーバーの設置方法について

比較ポイント

わが家でもウォーターサーバーを検討していますが、先輩ママ友から「設置のしやすさやメンテナンスの手間、ボトルの取り付けなどもチェックポイントだよ」というアドバイスをもらいました。
ネットで調べてみると、ウォーターサーバーの全メーカーの一覧があり、設置の簡単さについて、「業者による初期設定」「メンテナンス」「ボトルの取り付け」の3項目でランキングが出ていました。

まず業者による初期設定ですが、ほとんどの業者が設置場所への設置のみとなっていますが、有料で設置、初期設定のフルサポートをしてくれるところもあります。
メンテナンスについては、機械が自動で安全な環境を整えてくれるメンテナンスフリーが多くなっていますが、最高評価を得ているのは、サントリーの天然水、クリティア、コスモウォーター、ダスキン、南アルプスの天然水、富士の湧水、キリンアクウィッシュ、フレシャスとなっています。
もう一つのボトルの取り付けは各社の差が出るところで、女性でも簡単に取り付けられると評価が高かったのは、富士桜命水、ウォーターエナジー、アクアプラザ、コスモウォーターとなっています。
その結果、コスモウォーターがTOPの評価を獲得しています。
同社の「楽らくスタイルサーバー」は、1日1回、自動で熱水がタンク内を循環しメンテナンスしてくれる他、ボトルは足元に取り付けるタイプなので簡単と評判です。

先に紹介した先輩ママ友のもう一つのアドバイスは、設置場所をあらかじめ決めて、その目的に合ったサーバーを探すことだそうです。
リビングかキッチンの近くが最適とのこと。
直射日光が当たらない場所、コンセントの近くなども大切なポイントだとか。
ベランダなどの屋外は論外とのこと。
おススメはキッチンだそうです。
「赤ちゃんのミルクを作ったり、煮炊きものなどに水やお湯を使うケースが多いので重宝します。リビングとキッチンの両方から使いやすい場所が最適ですよ」。
皆さんも参考にしてくださいね。