ウォーターサーバーの会社ごとの違い

Home » 比較ポイント » ウォーターサーバーの会社ごとの違い

ウォーターサーバーの会社ごとの違い

比較ポイント

ウォーターサーバーを検討しているわが家では、いよいよ、各社の総合的な比較検討に入りました。
初心者の私たちにとって、どこがいいのか見当がつきませんから、とりあえずネットのランキングを参考にすることにしました。
1位は天然水のコスモウォーター、2位はサントリーの天然水、3位は天然水のクリティア、4位はRO水のクリクラ、5位は天然水のフレシャスという順番でした。
よくCMなどで目にするメーカーが上位に来ていますね。

これはネットユーザーが選んだ総合的な評価ですが、気になる料金で見てみると順番は変わってきます。
ウォーターサーバーの料金を比較するには、水の金額だけでは不十分です。
レンタル料と水代、電気代、メンテナンス代などを含めて金額を出す必要があります。
ちなみに上位5社ではメンテナンス代が無料となっている会社がほとんどな中で、クリクラだけはメンテナンスフィーを5250円と設定しているため、総合的なコストが高くなっています。
レンタル代については5社ともに無料です。
電気代はフレシャスが350円〜であるのに対しコスモウォーターは436円〜、一番高いのはサントリーの700円〜でした。

そこで水代が順列を決めるわけですが、各社で月間のノルマが定められているので、計算がかなり難しくなりました。
とりあえず、水代を24L換算で計算すると、ほとんどが3800円前後で並んでいるのに対し、RO水のクリクラだけは2700円と破格の安さでした。
結果、合計コストで1位なったのはコスモウォーターの4236円〜で、2位がクリティアの4284円〜、3位がサントリーで4426円〜、4位がクリクラの4721円〜、5位がフレシャスの4998円〜という順番でした。
ここまで調べてきて感じたことは、この他にも水の味や品質が自分の身体に合っているか、デザイン性などにもこだわるのかなど、チェックするべきことが多いということでした。
これからも理想のウォーターサーバーを探す旅は続きます。
決まったら、また、ここで発表しますね!